HOME>ホットトピックス>合格後の自分の糧になるような学習をしよう

その後の事も見据えて学ぼう

男女混合

今現在、公認会計士を目指して専門学校に通ったり独学で勉強したりするという人もいるのではないでしょうか。その勉強の目的は試験に受かる事だけではありません。勉強の中から将来公認会計士試験に受かった後のキャリアに活かせる事柄を理解するだけでなく実際に身に付けるという目的もあります。

過去問から学ぶ事とは

女性

また、公認会計士の勉強の際に過去問を解くという事もありますが、これには知識を付けるという事以外にも試験で出題される問題の傾向を学ぶという目的もあります。出題側も毎年変化を付けようとしますが、中には毎年文章だけを変えて同じような知識を求める問題もいくつかあります。その傾向を学ぶことも大事です。

頻出問題にはこんな意味も

そして、そのように公認会計士試験で頻出する傾向にある分野はそれだけ公認会計士になってからの業務に大事な項目であるということもいえます。そうした出題者の意図から将来自分が公認会計士になった後等に大事な点を重点的に学ぶという事も勉強をする目的でもあります。

別の資格取得の際のノウハウ作りにも

そして、公認会計士の試験勉強をする事は、今後また別の資格試験を受ける際の勉強の際のノウハウ作りにも活用出来ます。公認会計士の試験には難しい用語や長文問題、あるいは短時間の間に多くの問題を解答をする形式のものまで様々な内容があります。こうした試験対策の勉強を経験しておくと別の法律に関する資格や民間資格の勉強の際にどこから手を付けて行って良いかが感覚で分かるようになります。