試験に必要となる知識

スーツの男女

公認会計士は国家資格を取得してから、職に就くことができる専門家です。資格を取るためには受験資格はありません。だれでも試験を受けることができます。しかし、その試験のレベルはとても高く、毎年の合格率は10パーセント以下の一桁となっています。それだけレベルの高い知識を持っている人でなければ活動することができない職なので、目指すのであればしっかりと勉強しなければなりません。そもそも公認会計士とはどういった仕事なのかといいますと、主に監査業務を行う専門家です。監査業務とは、企業が作成した財務諸表が適正であるかどうかを評価していくことです。監査業務のほかにも財務や会計に対してアドバイスを行う会計業務、会社の経営や立案などをアドバイスするコンサルティング業務、税務に関する相談や業務に携わる税理業務などにも取り組みます。税理士と似た職業でもありますが、税理士の場合、主な仕事は税務業務で、公認会計士は監査業務が主となるので、専門的な役割は異なります。

必要な知識を習得する

オフィス

公認会計士がどのような職業なのかを把握できれば、どのような知識が要されるかわかってきます。国家資格を取得するための試験に必要な知識は、経済学、経営学、統計学などがあります。ほかにも、必須として知らなければならない知識は、財務などにかかわる法律です。租税法や企業法、ほかにも管理会計論、財務会計論、監査論なども要されます。試験はマークシートがほとんどですが論文もあるので、論文のスキルも要されます。これらの知識はなかなか学校で触れる経験がない人も多く、もし資格を取ろうと考える場合、どれから勉強を始めれば良いのかわからないという人も少なくありません。しっかりと勉強をすることができるように、予備校に通う人もいます。しかし社会人になってから公認会計士を目指そうとする人も多く、そのような人はなかなか予備校に通う時間を作ることができません。その場合は通信講座で勉強する人もいます。通信講座ならば、自分で勉強する時間を作ることができるため、マイペースに取り組むことができます。しかも、初めて勉強する人のためのコースも存在しているので、初めての人にも良い方法になります。ハイレベルの知識を習得するのはとても大変な作業となるかもしれません。しかし国家資格を取得することができれば、公認会計士は企業にとって絶対的に必要な存在となる立場なので、将来安定した職業に就くことができるようになります。